So-net無料ブログ作成

食事療法は、他の治療法と同時に実施可能です [前立腺がんは男殺し]

食事療法は食事自体が治療行為であると考えますので、抗がん剤や放射線治療との併用が可能です。
前立腺がんは、早期発見さえできればそれほど怖いものではありません。
普通の食事とほぼ同じものを食べるのが治療行為なのですから、食事療法をしていなくても、食事をしていれば食事療法をしているのと同じことです。
ということで、絶食を治療行為とする治療方法以外のすべての療法と同時に実施可能です。
食事療法だけでもその効果は絶大ですが、他の有力な治療法と組み合わせることでより効果を期待できます。
抗がん剤や放射線は、がん細胞のみならず有益な免疫系をも痛めつけているわけですから、免疫系強化のためには免疫系強化を目的とする食事療法が必須なわけです。

⇒ 有力ながん治療法との組み合わせでより効果的な食事療法




共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。